E-Stage Topia

scroll down

About

What's E-Stage Topia

エムキチビートの主宰でもあり演出家の元吉庸泰と同じくエムキチビートの看板俳優、若宮亮とのふたりで立ち上げた合同会社。
エムキチビート公演、黒薔薇少女地獄公演など、メンバーによる公演のほかに若宮がこれまで出会ってきた様々な演出家と独自のコンテンツを創作していく。
名前の由来でもある理想郷を目指し上質な作品を届けることを目的とする。

  • 若宮 亮

    Ryo Wakamiya

    役者
    プロデューサー

    若宮 亮

    2000年より芸能活動開始。
    劇団エムキチビート所属俳優。
    映像、モデルなどの活動を5年ほどした後、黒薔薇少女地獄の主宰である太田守信に誘われ2006年に黒薔薇少女地獄の旗揚げ公演に参加し、それをきっかけに舞台活動開始。
    翌年2007年元吉庸泰と共にエムキチビートを劇団化。
    時代劇、現代劇、2.5次元作品、ミュージカルとジャンルを問わず幅広く活動。
    舞台出演タイトル数は100を超える。
    舞台作品だけでなく、東京湾を一周しながら演目を楽しめる御座船安宅丸では徳川家光将軍役を、また、日本橋の街でツアーをしながら上演されている日本橋シアトリカルツアーでは弥次喜多の喜多八役を演じるなど劇場以外の場所でも幅広く活躍している。
    俳優業とともに近年では様々なキャスティング、舞台プロデュース、企業での企画開発等も多数手がける。

News

  • E-Stage Topia プロデュース公演『Meteor Soda -流れ星を見つけたら、僕は君の微笑みの訳を知るだろう。-』

    E-Stage Topiaプロデュース公演
     
    『Meteor Soda~流れ星を見つけたら、僕は君の微笑みの訳を知るだろう~』

    【日時】2020年12月16日(水)~20日(日)
    【劇場】上野ストアハウス
    【脚本・演出】新井総(宇宙食堂)
    【総合監修】若宮亮(エムキチビート)

    【キャスト】
    秋元龍太朗
    相沢菜々子

    大橋篤
    森下愛里沙
    鳥住奈央
    山内志織
    花実優
    森本圭吾
    鈴木千菜実
    林里容

    都筑旬
    ファンマユミ(BEAT PARADOX)
    雪入みさき
    赤沼正一

    若宮亮(エムキチビート)

    【公演スケジュール】
    2020年12月16日(水)~20日(日) 全10ステージ
    12月16日(水) 14:00~/19:00~
      17日(木) 14:00~/19:00~
      18日(金) 14:00~/19:00~
      19日(土) 13:00~/18:00~
      20日(日) 13:00~/17:00~
    ※公演期間中は、ふたご座流星群がよく見える時期です(12/15未明がピーク)
    ☆受付開始・開場は開演の30分前 ☆上演時間約100分予定

    【チケット】(全席指定席)
    ・特典付きプレミアムS席(全キャストサインつきパンフレット付き)前売り券8000円/当日券8500円

    ・A席 前売り券5000円/当日券5500円

    ・支援チケットAタイプ(公演DVD、公演パンフレット、選択キャストソロチェキ)8000円
    ・支援チケットBタイプ(公演DVD、公演パンフレット、選択キャストブロマイド全種)8000円
    ※支援チケットとは?劇場にお越しになれないお客様へ後日お届けする公演パック(約2か月後の発送となります。送料込み)

    【スタッフ】
    【脚本・演出】新井総
    【舞台監督】林大介(零’s Record)
    【照明】高橋文章(零’s Record)
    【音響】三木大樹
    【音楽】瀬奈ヒロキ
    【PC操作】笠貫莉子
    【振付】青井美文
    【衣裳協力】さくらまき(宇宙食堂)
    【舞台美術】古謝里沙
    【デザイナー】北田岳史
    【カメラマン】中塚健仁
    【DVD 撮影】観劇三昧
    【票券・制作協力】清水瑞希
    【当日運営】小林博明(エムキチビート)
    【プロデューサー】若宮亮
    【企画・製作】E-Stage Topia

    チケット予約フォーム

    https://ticket.corich.jp/apply/109804/

  • E-Stage Topia プロデュース公演 『僕はそれを、青と呼ぼう。2020』

     

    E-Stage Topia プロデュース公演

    『僕はそれを、青と呼ぼう。2020』

    【日時】2020年11月26日(木)~11月30日(月) (全10 ステージ)
    【劇場】上野ストアハウス
    【脚本・演出】高瀬友規奈
    【総合監修】若宮亮(エムキチビート)

    【あらすじ】
    「あなたは正常だって必ず証明するから」
    大切な親友が“誤診”により精神病院に強制入院させられた。親友を助け出すため、自らを病気であると偽り精神病院に入った主人公だったが・・・。
    そこに入院している患者達の虚言や人格の分裂、幻覚や幻聴による記憶の齟齬は、次第に主人公を混乱へと導いていくのだった。
    何が正しくて何が本当か。一体誰を、何を信じればいいのか。では、果たして自分は信じられるのか。
    “普通”の概念は通用しない世界が見せる狂気と混沌。自分は“正常”だと思い込んでいた主人公の結末とは。
    皆が「青」色だも言うものはあなたにとっても「青」色ですか?

    【キャスト】
    百山月花
    松村芽久未
    日和ゆず
    有栖川姫子

    【TEAM瑠璃】
    新川千華
    桜月リオナ
    山中ゆうこ
    土志田菜々美
    大塚結生

    【TEAM翡翠】
    中井杏奈
    猪谷茉由
    遠藤しずか
    えなえ
    一本鎗希華

    【タイムテーブル】
    11月26日(木)14時~【瑠璃】/19時~【翡翠】
       27日(金)14時~【翡翠】/19時~【瑠璃】
       28日(土)13時~【瑠璃】/18時~【翡翠】
       29日(日)13時~【翡翠】/18時~【瑠璃】
       30日(月)14時~【瑠璃】/18時~【翡翠】
    ※上演時間約90分予定

    【チケット】(全席指定席)
    ・特典付きプレミアムS席(前2列限定全キャストサインつきパンフレット付き)前売り券8000円/当日券8500円

    ・A席 前売り券5000円/当日券5500円

    ・支援チケットAタイプ(公演DVD、公演パンフレット、選択キャストソロチェキ)8000円
    ・支援チケットBタイプ(公演DVD、公演パンフレット、選択キャストブロマイド全種)8000円
    ※支援チケットとは?劇場にお越しになれないお客様へ後日お届けする公演パック(約2か月後から順次発送となります。送料込み)

    【スタッフ】
    【脚本・演出】高瀬友規奈
    【舞台監督】逸見輝羊・今宮稜正(STAGE COMPANY)
    【照明】朝日一真(A’s light)
    【音響】奥村典洋(ALLEX)
    【音楽】瀬奈ヒロキ
    【振付】青井美文
    【舞台美術】古謝里沙
    【デザイナー】北田岳史
    【カメラマン】中塚健仁
    【DVD 撮影】観劇三昧
    【票券・制作協力】清水瑞希
    【当日運営】小林博明(エムキチビート)
    【プロデューサー】若宮亮
    【企画・製作】E-Stage Topia

    チケット予約フォーム

    https://ticket.corich.jp/apply/109561/

  • PUBLIC∴GARDEN!オンラインリーディング公演vol.2

    『ピアニシモ』
    原作:辻仁成
    上演台本・演出:元吉庸泰
    
    村井良大
    米原幸佑
    小泉萌香
    祁答院雄貴
    小野川晶(虚構の劇団)
    若宮亮(エムキチビート)
    板倉光隆
    
    ピアノ演奏
    吉田能(あやめ十八番)
    
    公演特設サイト
    http://e-stagetopia.com/online-reading-pianissimo/
    
    宣伝美術協力:東京幻想
  • E-Stage Topia プロデュース公演 ‐同タイトルで違う作品を上演せよ。‐ 『hood』

    (佐藤信也ver.)

    【日時】2020年7月22日(水)~7月27日(月)

    【脚本・演出】佐藤信也(疾駆猿)

    【企画・総合監修】若宮亮(エムキチビート)

    【劇場】上野ストアハウス

    タイトルは同じ。舞台セットも同じ。
    しかしそれ以外は役者も、脚本も、すべて違う。
    2人の演出家がどう『hood』を解釈し、上演する?
    疾駆猿の佐藤信也と、黒薔薇少女地獄の太田守信がそれに挑む。

    2つのカンパニーで全く違う『hood』を創り上げる。

    【佐藤信也ver.あらすじ】
    敗戦国家・日本。
    第二次世界大戦により、極貧状態の日本では、金銭目当ての犯罪が多く起きていた。
    闇市では、混乱を避ける為、任侠達による管理が行われ、日々を生きる国民達は、先の見えない国の行く末を憂いていた。

    そんな中、巷を騒がせる強盗団が現れる。
    警察や探偵が動く中で、一人の半端なヤクザ者が立ち上がる。
    強盗団を捕まえ、街の治安を守ろうと躍起になっていた。
    空襲や飢餓などで両親や親戚を失った子供達を集め、強盗団の情報を探る為、浮浪児の自警団を立ち上げる。
    一癖も二癖もある強かな子供達が、強盗団の正体を掴む為動き出す。
    しかし、これは街を揺るがす事件に発展していくのだった。

    時代は記憶に埋もれていき、記憶に残らない。
    しかし、血と縁は連なり、影は付かず離れないものだ。
    次代を作っていく者達にすら、過去は容易に牙を剥く・・・。

    【キャスト】(五十音順)
    井上貴々(劇団シアターザロケッツ)/大橋篤/甲斐優風汰/黒川一将/鈴村あすか/千歳ゆう/奈良平愛実/根本優奈/波田地綾奈/林里容/原優唯子/平島渉伍/福永莉子/牧野純基(黒雪構想)/南衣舞/吉岡優希/鷲見亮

    (黒薔薇少女地獄ver.)

    【脚本・演出】太田守信(黒薔薇少女地獄)

    【日時】2020年7月29日(水)~8月3日(月)

    【黒薔薇少女地獄ver.あらすじ】
    祖父の 3 回忌で久し振りに根室へ帰省した。
    私が幼い頃、祖父はよく納沙布岬に連れて行ってくれた。
    ただ、そこではなにも話さなかった。
    寡黙だった祖父は、ずっとひとつの島を見つめていた。

    ある日、岬はロシア人の親友・ソフィアから故郷の写真を見せられる。
    すると彼女は行ったこともないその土地の風景に既視感を覚えた。
    それもどこか、懐かしいような――。
    「故郷の町って、なんていうところ?」
    そう訊ねると、彼女は少し困った顔をして「田舎よ」と答えた。
    岬は同じような表情を見たことがある。
    一度だけ祖父に同じ質問をしたときに見せた表情だ。
    そのとき祖父はなにも言わず、ずっと眺めていた島を指さした。

    きっと、そう遠くない未来。
    この物語には当事者がいなくなり、本当の感情は失われていく――。

    こんなにはっきり見えているのに、そこには行けない。
    だけど繋がっているように思えたから、私は真っ白な流氷に足を踏み出してみる。
    いつか割れてしまうかもしれない。
    それでも前に進んでみる。
    向こう側からも同じように、誰かがこちらへ歩いてきているかもしれない。
    もしそうなら私達はこの海の真ん中で、手を取り合うことができる……?

    【キャスト】
    さかいかな/榎あづさ/長島光那/網代将悟/有栖川姫子/山中ゆうこ/鈴木千菜実/山内志織/神藤ゆずか/柚木那夏/猪谷茉由/雪入みさき/金純樹/胡元奏汰(黒薔薇少女地獄)/赤沼正一

    チケット予約フォーム
    https://stage.corich.jp/stage/107471

  • PUBLIC∴GARDEN!  オンラインリーディング公演

    読『芥川龍之介 地獄変』

    【CAST】
    米原幸佑/福圓美里(クロジ)/名塚佳織 *Wキャスト/山本侑平/秋元龍太朗/若宮 亮(エムキチビート)/板倉光隆/ピアノ演奏:吉田 能(あやめ十八番)

    【タイムテーブル】
    5月
    16日(土)23時開演(名塚佳織ver.)
    17日(日)23時開演(福圓美里ver.)
    22日(金)〜24日(日)
    (タイムテーブル追って発表)

    【チケット】
    800円(税込)

    【チケット販売】
    5月13日(水)正午~
    https://match-ing.jp/jigokuhen/

Discography

  • カルパノーラマ

    カルパノーラマ

  • シェイリ

    シェイリ

  • PETRICHOR

    PETRICHOR

EMUKICHI-BEAT Discography

  • 『ロンギヌs』明治大学第二学生会館地下アトリエ( 脚本・演出)

  • 『桜花狂咲』明治大学第二学生会館地下アトリエ( 脚本・演出)

  • 『明時ディソナンス』阿佐ヶ谷アルシェ( 脚本・演出)

  • 『昇鳴蛇 CRY:ME SNAKE』 阿佐ヶ谷アルシェ( 脚本・演出)

  • 『夜光星ディスコルーム』参宮橋トランスミッション( 脚本・演出)

  • 『Laputa Fall: ラピュータフォール』萬劇場( 脚本・演出)

  • 『昇鳴蛇 Cry:me Snake』シアターグリーンBIG TREE THEATER( 脚本・演出)

  • 『エレクトリック:サーカス∴デイズ』萬劇場( 演出)

  • 『ワールズエンド- フライバイユー-』新宿シアターサンモール( 脚本・演出)

  • 『I was Light』新宿シアターサンモール( 脚本・演出)

  • 『夜光星ディスコルーム』シアターグリーンBOX in BOX THEATER( 脚本・演出)

  • 『 黎明浪漫譚 – れいめいロマンティック -』吉祥寺シアター ( 脚本・演出 )

  • 音劇『朱と煤-aka to kuro-』吉祥寺シアター( 脚本・演出)

  • 『アイワズライト』紀伊國屋サザンシアター(脚本・演出)

  • 『赫い月』座・高円寺1(脚本・演出)

  • 『世界の終りに君を乞う。』銀座博品館劇場(脚本・演出)

Company

合同会社 E-Stage Topia

  • 設立

    平成30年7月5日

  • 所在地

    東京都新宿区東五軒町5-4-301

  • 代表社員

    斎藤亮

  • 業務内容

    1. 各種イベントの企画、制作及び運営
    2. キャラクター商品の企画、開発、デザイン、製作及び販売
    3. タレント、モデル、アーティスト等のマネジメント、プロモート及びキャスティング業務
    4. 芸能スクールの経営
    5. 広告宣伝の企画及び制作並びに広告代理業務
    6. 前各号に附帯又は関連する一切の業務
    7. その他適法な一切の事業